昭和58年(1983) 重要文化財「旧日本郵船小樽支店」の

         修復工事に従事

昭和60年(1985) 金唐紙研究所設立

昭和62年(1987) 東京有楽町朝日新聞記念館にて「蘇る金唐紙展」

平成1年(1988)  たばこと塩の博物館の「日蘭修好380周年記念

         きんからかわの世界 黄金の革が結ぶ日本とオランダ」に出展

平成2年(1989)  東京芸術劇場のための壁紙制作

         目白(東京)、京都、名古屋にて個展「蘇った金唐紙展」

平成3年(1991)  京都文化博物館にて展示

平成6年(1994)  重要文化財「旧林家住宅」の修理工事に従事

平成7年(1995)  三井倶楽部の壁紙の修復に従事

平成8年(1996)  重要文化財「旧呉鎮守府司令長官官舎」の修理工事に従事

平成12年(2000) 重要文化財「移情閣」の修理工事に従事

平成15年(2003) 重要文化財「旧岩崎家住宅洋館」 の修理工事に従事

平成17年(2005) 紙の博物館「洋館を彩った金唐革紙展」に出展

         フェルケール博物館にて「明治の洋館を飾った金唐革紙展」

         国選定保存技術保持者に認定

平成18年(2006) 箱根ラリック美術館「舞い踊る文様展」に出展

平成19年(2007) NHK「夢の美術館〜世界の工芸100選〜」に紹介

         大和日英基金主催、ロンドンにて個展を開催